蒼天のごきげん

御朱印帳とカメラを持って出かけて行く、小さな旅の記録です

Hello

神社好きのひとり旅ブログです

神社仏閣巡りを始めたのは2015年からになります。

神社のある山を参拝をして、登山後に食べたおむすびが、なんと美味しかったことか!

そんな感動から登山に憧れを抱きつつも、テントを担いで登ったり、

雪山へ挑戦するには恐れ多く、ゆるっとした参拝登山が好きになりました。

だもんで、ケーブルカーやロープウェイも乗ってしまう派です。

たまにしか行くことができませんが、遠い旅をすることがあるので、

現地へ行かれる方の参考になれたらと思っています。

 

山岳の神様が好きです

参拝のきっかけが登山だったせいか、山においでの神様が好きです。

以前に登ったことのある神社は、

筑波山や月山などそんなに多くないので、

もっと大きな山の神社へ挑戦したいと思っています。

※ブログ表紙の写真は、7月の終わりに登った月山からの眺めです

 

 平野の神様も好き!仏様も!

 もちろん平野においでの神様も、仏様も好きです。

通いやすいからこそ、ご挨拶が大事と思ってコツコツと通ったりしています。

そこが観光地や商店の並ぶ街であれば、

なんとか美味しい物が食べられないかと思っていますが、惨敗の方が多いです。

というのも、面倒になってしまうためです。

 

旅のお楽しみ「食」について

 美味しい物にありつけない最大の敵は「面倒くさがり」の性格。

疲れてくると、すぐに「ま、いっか・・」となるわけで。

お店選びで失敗したとかではなしに、寄らずに帰ってきてしまったり、

時間を言い訳にコンビニでやコーヒーショップで済ませてしまったりと、

そんなことが多いです。

旅の大事な彩である「食」に、もっと感動できるようになりたいです。

そしてそんな食に関しては、量を食べられないのですが、

好き嫌いはありません。

「お酒は飲めないから、嫌い」と思い込んでいましたが、

様々な神社でお神酒を頂き続けた結果、お酒は好きなことが判明しました。

「お酒は好きだけど、体質的に合わない」のだと知ったのは最近。

お酒に強い人に憧れますが、

いつ何時も車の運転ができることと、酔っ払ったり二日酔いになることもなく、

記憶が飛ばないのは、ちょっとお得かもしれないです。

 

旅の移動手段

一番好きな乗り物は、飛行機かもしれません。

羽田から飛行機で現地に入り、レンタカーで移動するのがベストです。

しかし、新幹線の便利さには敵いません。

都市の中心地に降りられる利便性、必要なものがすぐに手に入る安心感、

なにより保安検査が不要なこと。

自分で車の運転もしますが、バス旅行の手軽さ、価格設定にも惹かれます。

行動範囲に制限がありますが、

ピンポイントで現地へ連れて行ってくれる素晴らしさと、

旅行計画不要で、緊張感から解放されている感じもいいものです。

いつでも、どこででも眠れる便利体質なので、長い移動もやり過ごせます。

 

こんな感じでゆるっと旅

「いつでも旅に出られた幸せ」を惜しむ今。

まさか「自由」に規制がかかるだなんて、

21世紀を日本で生きていて、こんな経験をするとは想像もしていませんでした。

時間を惜しまず、旅に出なくては!

この時代にある美しさを見に行こう!

改めてそんな風に感じながら、

今は以前にした旅の紹介をしてみようと思います。

 

 

2020年5月 蒼野はる